夜遅くに食事する時、太らないようにするには

夜遅くに食事する時、太らないようにするには

夜の食事は太りやすいと言われます。それは、どうしてでしょうか?

 

 

人の体は、生まれながら活動リズムが整っており、時間帯によって、栄養を吸収しやすい時間帯が決まっています。朝や昼は食事をしてからも動くため、取り込んだエネルギーも消費されやすいのですが、夜は寝るだけなので、消費カロリーも必然的に少なくなり、蓄積されやすくなってしまいます。また夜遅い時間や睡眠前は、副交感神経が優位になり、からリラックスするよう働きかけるため、代謝を抑制してしまいます。

 

 

また、脂肪を蓄積させるタンパク質が増加し、夜10時から早朝2時までが一番多いと言われています。これらからも、同じ食事をとる場合、朝に食べるのと、夜に食べるのとでは、熱量の消費量も蓄積量も全く違ってくるという事がわかります。食べてから消化するのに3時間が必要と言われますが、これらの事からもわかるように、夜の蓄積されやすい状況では、遅く食べて夜更かしすればいいと言うものでもないようです。

 

 

とは言え、仕事の都合などで、夜遅くに食事をする場合もありますよね。そういった場合は、何に気をつければ良いのでしょうか?どうしても夜遅くなってしまう場合には、夜食べる食事を少なくする事を基本に考えてください。お腹が空いた時間に、脂質の少ないおにぎりや果物をうまく利用して、間食をするのもお勧めです。

 

 

夜の食事の時間にお腹が空きすぎない状況を作っておく事で、食べ過ぎを防ぐ事ができます。また、揚げ物などの脂肪分の多い食事や糖分の多いものは控え、食物繊維やミネラル豊富な野菜中心にする事が大切です。主食となる米や麺類は血糖値が上がりやすく、お酒を飲む方は、主食と一緒に摂る事で糖質過剰になり、太りやすい状況を作ってしまいますので、お酒を飲む場合は主食を控えるようにするのが無難です。

 

 

そして、魚や脂肪分の少ない肉、大豆食品などのタンパク質を中心にすると良いでしょう。これらは脂肪分になりにくいのでお勧めです。そしてよく噛んで食べる事が食べ過ぎを防止し、消化も消化を促します。夕食の時間が遅くなる場合には、これらの事を踏まえて、食事すると良いでしょう。