炭水化物を摂取しなければ痩せる理由

炭水化物を摂取しなければ痩せる理由

これまでダイエットをしてきて思ったように痩せる事ができなったという人のほとんどはダイエットをしていながら炭水化物を普通に食べてきたというのが最大の理由です。

 

 

でも、中には自分はダイエット中に食べる量を減らしたと思っていて痩せないはずがないと勝手に思っている人も多いです。確かにそういう人はダイエット中に食事の量を自分なりに減らしていると思っています。ですが、痩せるダイエット法をやっているとは言えないです。はっきり言っていくらダイエットをしても痩せないと言っている人というのは自分では食事制限をしっかりやっているつもりでも普通に炭水化物を食べています。

 

 

そして、食事制限をしていると言っている人のほとんどが炭水化物以外ののたんぱく質を食べないようにしてダイエットをしている気になっています。ですが、それでは全然思ったようにダイエットができません。それはどうしてかというと、人が食べて太るのは炭水化物が一番の要因になっているからです。確かにこれ以外にも糖分の摂取のし過ぎというパターンで太ってしまっているという人もいます。

 

 

ですが、糖分ばかり摂取するという人はあまりいません。なぜなら、甘い物ばかり食べるのはかなりしんどいからです。ですから、普通に食べ過ぎてしまうのは炭水化物になってしまいます。では、肝心の炭水化物を食べると太ってしまう原因ですが炭水化物を摂取するとそれが体内で糖分に変換されて余分は糖分が脂肪に変換されてしまうので、太ってしまうわけです。

 

ですから、炭水化物を摂取しないと必然的に痩せる事になります。それは前述の通り炭水化物を摂取するとそれが体内で糖分に変換されてそれが脂肪になってしまうからです。その流れを断ち切るには炭水化物を摂取しないのが一番です。なので、ダイエットをする上で炭水化物を摂取しない事で痩せれるようになるのは確実です。

 

 

結局人間が太る一番の要因は体内の血中糖度が上がる事でその血中糖度を下げるために糖を脂肪に変換して体内に蓄積される事で太ります。なので、炭水化物を摂取しなければ痩せるというわけです。