機能性便秘と器質性便秘で対処方法も変わってきます

機能性便秘と器質性便秘で対処方法も変わってきます

便秘は主に、普段の生活習慣や病気が影響してなってしまいます。

 

また、便秘のことを甘く見ることは良くなく、便秘が酷くなると体に様々な不調をきたしてしまいます。そして、便秘と一言で言っても色々な種類がありますそこで、機能性便秘と器質性便秘の説明をしていきます。

 

機能性便秘とは

 

機能性便秘とは主に日頃の悪い生活習慣が影響して、大腸の働きが悪くなることで発症してしまう便秘になります。そのようなことから、病気は関係していないといえます。

 

弛緩性便意とは

 

弛緩性便秘とは、機能性便秘の一種になります。この便秘の原因は、腹筋や大腸の筋肉が弱いことから、排便する力が足りない状態なので、上手く便を出すことができず、便秘になってしまいます。

 

痙攣性便秘とは

 

痙攣性便秘も機能性便秘の一種となり、その名の通り腸が痙攣してしまい便秘になってしまいます。この便秘は、日常のストレスにより交感神経が刺激されることが主な原因になります。そのように、自律神経のバランスが崩れ腸が痙攣してしまうので、便秘になったりお腹が緩くなったりを繰り返すことが多く、また、痙攣によりお腹が痛くなることもあります。

 

器質性便秘とは

 

器質性便秘とは、排便することに関わっている器官が、病気の影響によって正常に働かなくなり、そのことで起こる便秘になります。そのように、機能性便秘のような生活習慣が影響していないので、慢性的になると命に関わることもあります。この便秘の症状は、便が出づらいことはもちろん、便に血が混ざったり、吐いたりしてしまうこともあります。また、お腹に強い痛みを感じることもあります。このように、器質性便秘は病気が影響しているので、日頃の生活習慣を改善しても治ることはありません。そのため、速やかに病院に行き、医者に診てもらい治療してもらう必要があります。

 

慢性的な便秘と急性的な便秘

 

以上、機能性便秘と器質性便秘を説明してきましたが、便秘には慢性的な便秘と急性的な便秘があります。慢性的な便秘といのは、長い期間便があまり出ない状態のことをいいます。また、急性的な便秘というのは短い期間による便秘で、旅行のような生活環境の変化によって現れることが多くあります。

 

 

以上のように便秘には色々な種類があり、その便秘の原因によって対処方法も変わってきます。
そして、便秘になると疲れが取れにくくなったり、肌が荒れたり、様々な症状が現れるようになるので、便秘には注意する必要があります。